台湾の至宝「牛樟芝由来」ベニクスノキタケ・アントロキノノール「紅敏風」
台湾の至宝「牛樟芝由来」
ベニクスノキタケ・アントロキノノール「紅敏風」
ゴールデンバイオテックジャパン

和名:ベニクスノキタケ
学名:Antrodia cinnamomea

樟芝、樟茸、牛樟茸、ルビーマッシュウルーム、紅樟、紅樟芝などと呼ばれている。
サルノコシカケと同じ科のキノコ。
世界で唯一、台湾にだけ自生する特有種・固有種です。
標高の高い山、台湾固有種の牛樟樹(クスノキの一種)の虚(幹にできた空洞)の中に寄生し成長
現在では、法律により伐採、採取が禁止されているため貴重品となった。
β-D-グルカン、SOD、GABAの他、メシマコブや霊芝、アガリクスに比べ、トリテルペノイドが豊富に含まれ霊芝の王と呼ばれている。
台湾原住民は古来より、肝臓の保護と酔い止め、解毒に常用したと民間療法、
伝承としては、腹痛と嘔吐、高血圧、血糖値の低下、肝炎等の症状或いは疾病の治療に用いられていました経緯がございます。
当商品はサプリメントであり、病を治すことを標榜するものではございません。